3parのストレージが優れている理由

3parのストレージは従来のレイドシステムなどと比べて保守性、速度面でも有利なシステムであり、導入した企業の多くが満足していると言われています。

3parのシステムで評価される点はハードディスクの扱いが簡単になったことです。



ビッグデータなどの大規模データを扱うためには多数のハードディスクが利用されます。

しかし、これまでのシステムでは区画に分けて扱うことが多く、データが大きくなるに連れて利用しづらいとも言われてきています。



3parはこのような問題を解決するために専用のシステムが用意され、多数のハードディスクを1つの区画として管理できます。

区画の区分けがなくなることで障害時にもハードディスクを交換したり、足すことですぐに利用出来る容量が増やせます。
また、ディスクの管理はOSが起動している状態でも可能であり、停止させることなく交換できるのが利点でもあります。

3parのストレージシステムはハードディスクの種類にもこだわりを持っていません。

SATAはストレージシステムでは利用されることが少なくなっていますが、容量が大きいこと、コストが安いことから障害が起きてもシステムを停止させてもよい場合に利用されてきています。

しかし、3parでは止められないシステムでのSATAの使用も可能にしてきています。
また、SSDのように速度は期待できるがコストが高い装置も積極的に採用しています。

OKWaveについて詳しく知りたいならこのサイトです。

SSDについては利用領域を順次変える必要もありますが、自動で最適化してくれます。