3parの扱えるディスク

ストレージで利用されるハードディスクは専用タイプもしくはSASなどの耐障害性能が高い製品が多いのですが、コスト面で問題視されてきています。
しかし、コスト面で優れているSATAディスクの場合は耐障害性能が芳しくなく、データの再配分などを適宜行う必要があります。
そのため、システム全体のパフォーマンスが下がってしまう、人件費がかかるなどの問題を指摘されることが多くありました。
3parのストレージは問題視されてきたSATAディスクの利用を率先して進めてきています。

3parが持つストレージ技術はデータの再分配機能も持っているのでハードディスクが耐障害性能が低い場合でもシステム全体の速度を落とすこと無く対応できると期待されています。



3parのストレージは独自のASIC化もあり、高速に処理することが可能となっています。

NAVERまとめの新しい魅力を紹介します。

ハードディスクを全体のストレージのパーツとしてみることで書き込み速度を向上させている他、障害時にも迅速な対応を取れる仕組みとなっています。

特にデータのストレージ内の分配技術は特筆すべきものであり、ハードディスク増設、交換、削減などの際にデータの再分配を高速に行う事が可能です。



これはハードディスク全体に一斉に書き込む技術が優れているためであり、信頼性の低いSATAを利用できる理由の一つとなっています。

また、データの再分配機能を利用してSSDへの対応も進んでおり、さらなる高速化が可能となっています。