ウェブサービスでも力を発揮するmoonshot

moonshotはヒューレットパッカードがさまざまな分野で利用しやすいサーバとして販売しています。

moonshotの特徴は主に2点あり、その1つは省スペース、電力削減効果、2つめは自由な組み合わせの高集積サーバであることです。


moonshotを利用することによってこれまで数十台のサーバを1ユニットで代用することができ、スペースや電力の問題を解決します。

moonshotは最大45本のコンピューティングユニットであるカートリッジを搭載できます。



カートリッジはそれぞれCPUやメモリを積み、場合によってはGPUやSOCを搭載できます。

このような汎用的なサーバはウェブサービスで大きな力となります。

ウェブサービスはこれまでサーバを多数利用してきています。

しかも、サービスの最大利用率に合わせて調達されることが多く、サービス利用率が下がってもスペースは使い続けますので無駄が多いと考えられています。


しかし、moonshotのような講習席タイプのサーバを利用することで必要に応じてコンピューティングユニットを増加させられます。



また、ウェブサービスではGPUの利用も進んでいることからコンピューティングユニットをGPU搭載タイプにすることでさまざまなコンピューティングにも対応できます。これらのカートリッジはホットプラグでいつでも外したり、追加できます。

ウェブサービスによっては必要なCPU数に差が出てきますのでカートリッジの増減が自由にできることはメリットが大きいです。

役立つエキサイトニュース情報探しの最新サイトをご用意いたしました。