社内システムに柔軟に対応するmoonshot

社内システムはたくさんのサービスが用意され、場合によっては部署ごとにもサーバがある状態が多く、社内でのサーバの台数は増加傾向にあります。

しかも、管理する人員は少なく、障害時には対応が送れるケースが問題視されています。そこで注目されているのがサーバの統廃合です。サーバの統廃合については仮想化を利用して行われるケースが多かったのですが、サーバの台数が増えてしまうことには変わりなく、スペースや電力の問題は続いています。

そこで注目されているのが高集積サーバです。

高集積サーバはmoonshotのように複数のコンピューティングユニットを持っています。

魅力的なOKWaveに関する情報の一覧です。

コンピューティングはそれぞれd単独でCPUやメモリを持っていることが多いです。



しかも、moonshotはユニットの増減がホットプラグ方式で可能となっているので、利用数に応じてコンピューティングユニットを増減させることができます。

moonshotのコンピューティングユニットはCPUとメモリをセットにしたものからGPU、SOCなど用途に合わせて多数用意されています。

社内システムでは一般的なCPUとメモリのセットが多く利用されていますが、ビッグデータの解析などのためにGPUやSOCが採用される事例が増えてきてます。
しかも、CPUやメモリなどの個数が増えてもサーバとしては1台分で済むのが利点です。

とくに計算能力が必要なサービスの場合、CPUの個数をすぐに増やすことができるmoonshotは最適なサーバシステムです。